故障原因と費用の違い|windowsが起動しない時は専門業者に相談|転送業務を効率化

windowsが起動しない時は専門業者に相談|転送業務を効率化

故障原因と費用の違い

レディ

数多くの企業の中には、業務やビジネスに関するデータの保存用として外付けハードディスクを使用している企業が数多く存在するかと思います。外付けハードディスクは、データのバックアップ用としても活用することのできる利便性の高い物理記憶装置です。しかし、外付けハードディスクには寿命があり、24時間稼働させた時の平均寿命は4未満だと言われています。また、個体差があるため、実際にはいつ寿命が訪れて故障してしまうか分からないのが実情です。つまり、企業で使用している外付けハードディスクも、いつデータ損失の危機に曝されるのか分からないということになります。もし、突然故障してしまったとしても焦らず、データ復旧業者に修理・データ復旧を依頼しましょう。

データ復旧業者に修理・データ復旧を依頼するためには、費用を支払う必要があります。その費用は、故障してしまった外付けハードディスクの故障度合と故障原因によって決まるのです。当たり前のことですが、故障度合が悪ければ悪い程、修理・データ復旧に掛かる費用は高額になります。また、データ復旧業者は外付けハードディスクの故障原因を「論理的障害」によるものと「物理的障害」によるものの二つに分けており、物理的障害が原因の故障であった場合には修理・データ復旧に掛かる費用が更に高額になってしまうでしょう。